FC2ブログ

ココロの色





6度目の月命日 :: 2013/10/26(Sat)

フクの老いを感じるたびに、胸が苦しくなり、その日が来ることが怖くてたまりませんでした。それが現実になった時、大げさでなく、これからどうやって生きていこう?とまで思いました。
半年たって、胸にあいた穴が埋まることはありませんが、呼吸はできるもんです。
ご飯も食べています。友人とお茶もします。充実感はないけれど、生きていけるものだと思います。だけど、なんか変です。
集中力はもともとあまり持ち合わせていませんが、ひどくなってきました。雑誌みたいなものも読めなくなってきました。
料理や、パッチワークなど、手につきません。説明されているのが、よくわからないんです。アルツハイマーなのかな?体はいたって健康なのですが、頭がおかしい。
食器など、よく割ったり調理器具もこわしてしまうんです。

ここひと月でいろんなものを壊しました。あ~あ~、日付が変わります。何が言いたいかっていうのは、すべてにおいて、私はフクに、支えてもらっていたんだなって、いまさらながらにお礼が言いたいです。
こんなお母さんのところに来てくれてほんとうにありがとう。
だけどね、限がないことだけど、あと、もう少しだけでいいから、一緒にいてほしかったです。

いっつも書くけど、お布団も、ケージもトイレも、おもちゃもみんな、あの日のままです。
いまだに片づけられないけど、気配がなくなりました。
汚れることのないトイレを見ると、とっても虚しいです。
トイレシートに、あの日、泡を拭いた、その中の1滴の痕が、残っています。
それを観るたびに、済まない気持ちでいっぱいになります。その泡の痕も、愛しくて片づけられません。
可愛かったなぁ、フクちゃん。
支離滅裂なこと書いて、明日になっちゃった。
スポンサーサイト





  1. 日々の暮らし
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<残念!! | top | 報恩講②>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuku3282.blog133.fc2.com/tb.php/173-1d5a97ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)